Columnコラム

「オーナーのつぶやき」的なコラムになっております。 サロン運営の中での裏側や、弊社が進もうとしている内容を書き綴られているページです。

【第3話】 感謝を知らないMACOTO 〜後編

 

連尺野のちょっと長い自己紹介Vol.3

はい、どうも連尺野です!

それでは早速前回の続きを書かせて下さいね ^ ^

まだ前回のブログを読んでいらっしゃらない方はこちらから第2話をご覧下さいませ〜。

第1話はこちらからですよ〜 ^ ^

独立悲話 😭

さて。

自己紹介というより、もはや【連尺野ヒストーリー】になってしまっている状況ですが、もし良かったらこのまま続けてお読み頂ければ嬉しいです!

 

心斎橋のサロンを退職し、自分のサロンを作る!と意気がって作ったディパーチェですが、前回も書いた様に、開業当初は本当にだ〜れもお客様が来られませんでした。。

因みにこんな感じのお店でした。

 

20坪(DIPERCHE unionは60坪)の小さなお店でした。
 
 

ホットペッパーもやってみましたが、新規で来て下さったお客様は月にたったの30人ほど。。

開業していきなり闇の中でした。

今まで自分が働いたことのあるサロンの中で一番小さくて、一番名前も売れてなくて、一番ヒマなサロンでした。

開業当初は5人のスタッフでスタート。

しかし、お客様が少ないお店ってなんというか、その、嫌な感じなんですね。空気感が。。

全く落ち着かない空気なんです。

ドライヤーの音も、お客様とスタッフの話し声も、シャンプーの水の音も何も聞こえません。

無駄にBGMが聞こえてくるだけ。。

BGMはBackground Musicの略ですから、何かのバックグランドで聞こえて初めてBGMですよね 泣

そうしているとやはりスタッフの感じも悪くなっていくわけです。。

で、結果的に5人のスタッフ中、2人がある日突然辞めてしまいました。。

しかも、その時は僕が北海道で出張している時、電話で「辞めます」と言われてしまいました。。

思いもしなかったサプライズ!

DIPERCHEはそんな感じで最悪のスタートを切り、何とかノラリクラリとやっていた矢先、なんと!いきなりガンガンお店に予約が入り出したんです!!

自分でも最初はその状況を受け入れる事が出来ず、一体何が起こったというのだ!?といった感じでした。。

で、予約表に書かれたお客様のお名前をよく見ていくと・・・

な、な、なんと!!!!!!!

僕が独立前に勤めていたサロンで担当させて頂いていたお客様達だったんです!!!!!

実は僕がフルショウを退職する前、自分が担当させて頂いていたお客様全員に「美容師は辞めて北海道へ行ってラーメン屋になるんです!」って言って、当時の後輩へお客様を引き継ぎして出てきたので、誰もきてくれるはずがなかったのです。

だから余計に驚いちゃったんですね。。

その時の事は今でも鮮明に覚えています。

で、来て下さったお客様に、なんでここが分かったのかと聞くと「名前が変わってるんやから、ネットで調べたらすぐに出てきたわ 笑」って。

その時は本当に涙が出そうでした。

これから先、このスタッフ達や自分の家族(当時は長女が生まれたばかりでした)をどうやって養っていけばいいんだろう・・ってノイローゼになりそうになっていた矢先での出来事だったのと、誰も知ってる人が居ない岡本へ来てちょっとホームシック気味だったのとで余計に大声あげて泣き出しそうになっていたのをグッとこらえていた状況は自分の中で今もとても鮮明に残っています。

沢山の大切な大切なお客様方にまたもや支えられました。

で、そうなるといきなりスタッフ不足に陥るわけですが、またまたとんでもないサプライズがDIPERCHEに起こることになります。。

 

また長くなってきたので、続きはまた次回ということで ^ ^

いつも真剣に読んで下さり、ありがとうございます!

僕も真剣に書いていくので、これからもどうぞよろしくお願いします!!

 

ラストの画像は現DIPERCHE unionディレクターのカワシマです。

2011年の画像です。クソどアップでどうぞ (爆)!

この頃はまだ可愛かった 笑

関連記事

ピックアップ情報 & SNS