Columnコラム

「オーナーのつぶやき」的なコラムになっております。 サロン運営の中での裏側や、弊社が進もうとしている内容を書き綴られているページです。

【第9話】改名しました。

改名って。。

連尺野です。

いつもDIPERCHE union、そして僕の可愛いスタッフにいつも良くして下さりありがとうございます!

この記事を初めて見つけた!っていう方は是非とも第1話からお読み頂けますと幸いです ^ ^

多分、その方が面白い記事になっていると思います🙂

第1話はこちらからどうぞ ^ ^

 

で、ですね。。

皆様にお知らせが1点ございまして。。

先ず一番初めにそれをお伝えしようと思います!

 

僕、今から改名しようと思います。

これからは「Macoto」という名前(別に下の名前にしただけやん!汗)でいかせて頂きます ^ ^

なんで今頃改名しようと思ったのかと言いますと、理由はいくつかあるのでこのブログを読んで下さっている皆様にだけその理由をお伝えできたらと思います ^ ^

先ず初めに、今僕はフィリピンと日本を行ったり来たりしているのですが、フィリピンではMacotoで通しています。

Renshakuno とか言っても絶対に誰にも呼んでもらえないのと、やはり海外ではFirst Nameで呼び合う習慣が強い為、初対面の人にも「Hi! I’m Macoto Renshakuno. You can call me Macoto for short.」って伝えています ^ ^

もちろん、海外では「Hi, Macoto!」って声をかけられます。

そうしていたら、段々とそう呼ばれることの方が自分的には自然に聞こえてきたという事が1点目。

あとは、自分でも自分の苗字はちょっと長すぎるなぁって今頃感じてきだした事が2点目。(今頃。。汗)

最後に、みんなから「Macoto」って呼ばれたいというのが3点目。(フレンドリーな感じがするじゃないっスかぁ^ ^)

 

以上の理由で、今後は僕の事を呼ぶ時は「Macoto」(マコト)って呼んで頂きたいのです。

決して、「Macotoさん」の様に、「さん」付けはやめて下さい(願)。

「さん」がつくと、途端に僕がイメージしているMacotoの世界観とはかなりかき離れてしまうので、あくまでもフレンドリーに「おおおおお!Macoto!!」って呼んで頂けたらありがたきしあわせぇ〜😄

次、サロンでお会いした時に「Macoto!!」って呼んでくれなかった人はこのブログを呼んでくれていない人判定になります。

逆に、「Macoto!!」って呼んで下さった方には何かプレゼントがあるかもしれません(でも無いかもしれません)。

くれぐれも、「Macotoさん」だけは勘弁して下さいね!

急にオッサンくさくなりますから 汗

それではみなさん、引き続き「Macoto」をよろしくお願い致します!!

さぁ、それでは今回もよろしくお願い致します!

 

理想と現実のギャップ。。

やっぱり何かを経営していると、必ずと言っていい程ぶち当たるのが「人の問題」と「お金の問題」です。

一番しんどいのはもちろん「人の問題」ですが、その問題の根源は大抵の場合「お金の問題」から来る事が多いと思っています。

例えば、「スタッフが働く環境をもっと良くしてあげたい!」と思った場合、綺麗ゴト抜きでお金が必要になります。

この世の中に「スタッフの環境を良くしたく無いオーナー」など存在しません。(少なくとも自分の周りにはそんなオーナーはいません)

しかし、当時の僕はヘアーサロンの収入しか収入源がなかったので、そういった経費の捻出は完全にサロンの売上だけに依存するしかありませんでした。

皆さんもお気付きかとは思いますが、ヘアーサロンはそこまで大きく儲かる職種ではありません。

週休2日制、8時間労働(勤務は9時間で内、休憩時間がトータルで1時間)にするならば、その分の人員を配備する必要があります。

人件費が増加することはもちろんながら、そもそもたった一人の美容師を雇用するまでに人材紹介会社への支払いや、人材募集広告などにまあまあな金額が掛かります。

ザックリと年間数百万円くらい掛かります。

それだけ掛けても今はどこも人材不足で、なかなかいい人材は見つかりません。

そんな中、新規集客にもまあまあなお金がかかります。

これはどこのサロンでも同じ条件なので、別にうちだけがというわけでありません。

よーするに、今では美容院経営は儲からない職業にランクインしてきています。

昔は人件費率は40%くらいに抑える事が出来ないと利益は出ないとか、家賃は4日分の売上で成り立たないといけないとか、そんな事を良く耳にしていました。

しかし今はそんな計算なんて、完全に崩壊済みです。

人件費率は売上の50%近くになり、材料費も昔に比べて5%くらい上がってきています。

もちろん、安い材料もあるのはあるのですが、やはりウチは低料金サロンではないので、材料のクオリティにはとことんまでこだわっている為、材料費率もなかなかの伸び具合いです(笑)。

しかしそれでも他のサロンよりもいい環境づくりをしていく事が経営者の努めとなります。

そもそも美容室の経営者は、経営やお金の事なんか一切という程勉強せずに、ある日突然サロンの経営者になってしまう事が多いです。

もれなく僕もその中の一人でした。

しかし、そんな事で上手くいくはずなんて絶対にないんですよね。。

それでもなんとか自転車操業や、先の見えない経営を続けるくらいは出来ますが、将来に夢を持てるようなサロン作りは99%出来ません。

今はフリーランス美容師や、一人サロン経営者みたいな人も多くなってきていますが、その90%以上はこれから5年以内には職を失っていると言われています。

当然ですよね。

経営者じゃないのに、経営しているのですから。。

しかも情報弱者ばかりが集まる狭〜いコミュニティの中でしか情報交換が出来ない環境を強いられる事が多いのですから、そもそも勝つどころか、安定すらさせることも出来ません。

実は僕ももう少しでその一途を歩んでしまうところだったんですよね。。

でも僕の場合は運良く危機一髪のところで切り抜ける事が出来ました。

ある人から言われたある一言によって。。

この時の一言がその当時の僕にとって、とても強烈なインパクトを与えました。

それがキッカケでまた、自分の考え方や生き方を180度変える事になります。

一体、それは誰からのどんな言葉だったのか?

次回はその辺をお話できたらと思います。

これも多分、サロンでは誰にも言った事がない事なんです。

ってか、当時は口が裂けても言えませんでした。。

でも、もう時効です 笑

 

最後にもう一度

僕のこと、これからはMACOTOって呼んでくださいね 爆

 

                以上です。。

 

最後の画像

これは僕がサーフィンやってる時の画像です(笑)

ってか、全然波、ちっこい。。(笑)

サーフィンしている時の画像が他に無かったんです(泣)

いや〜、おかげさまで今は時代の波に乗りまくってる人生なんで、最後の画像もサーフィンで波に乗ってるところの画像を出したかったんですが、これしかありませんでした 汗

でも僕がサーフィンやってるところの画像も本邦初公開ですぅ😆

こんなんで、すんません 汗

関連記事

ピックアップ情報 & SNS